マップ別立ち回り【断層線】

minimap.png

マップ別に立ち回りの解説をしようと思います。必勝法というわけではないので、参考程度に見てください。
緑の矢印が主な進路で、オレンジの矢印が航空機の進路、赤丸が主戦場です。主戦場の場所は便宜上分かり易くするためにアルファベットを振っています。

今回は断層線です。(初動しか解説してないのは堪忍)

初動


北側から南側への侵攻する際の初動。


南側から北側への侵攻する際の初動。


基本的に序盤でマップの中央には行きません。マップ中央に出るといい的にされます。
侵攻するには右側か左側から行くルートがあります。
右側は巡洋艦と駆逐艦が2~4隻程で十分です。残りは左側に行くことになります。

右ルート


Bの場所で戦闘になります。ここで敵チームと遭遇しないこともありますが、敵陣に向かうと敵がたくさんいるので慎重に。
ぱっと見広そうに見えて狭く、戦艦はここで戦うのは難しいので左ルートを通りましょう。

左ルート


Aの場所で戦闘になります。
駆逐艦は島影を利用して、積極的に魚雷で攻撃することになります。戦艦は島から少し離れた場所から攻撃をすることになるのでさほど影響はありませんが、敵に近い場所で戦っている駆逐艦、巡洋艦は常に魚雷を警戒しながら戦う必要があります。

空母(雷撃)




※配置は一例

敵空母を叩くときはマップの端からできるだけ見つからないように進めます。
このマップでは初動で真ん中、もしくは右から左に移動している戦艦が多く、初動で上から下、下から上と移動する雷撃機に横っ腹を向けることになるため、空母側からすると恰好の的。

この記事へのコメント

管理人の戦績

http://static.wows-numbers.com/wows/2005382014.png キャプチャ.PNG キャプチャ.PNG キャプチャ.PNG